北海道大学 医学部医学科|大学院医学院|大学院医理工学院|大学院医学研究院
メニューを開く
閉じる
閉じる
閉じる
閉じる
閉じる
閉じる

研究者養成プログラム(MD-PhDコース)


学びを研究面・経済面から支援します

  1. HOME
  2. 医学院
  3. 特別プログラム/在学時の経済支援
  4. 研究者養成プログラム(MD-PhDコース)
一歩早く 基礎研究者へ

学びを研究面・経済面から支援します

医学研究を志向する医学科学生に対し、早期に研究の機会にふれ、医学・医療の急速な進歩と社会情勢の変化に対応できる若手研究者(基礎医学分野)を養成することを目的としたこのコースは、医学科6年次に在籍してそのカリキュラムを履修しながら、大学院博士課程必修科目(共通コア科目8単位)および大学院共通授業科目(2単位まで)を履修することができます。

医学科5年次・6年次に(特別)選考が実施され、原則として返還の必要のない奨学金(大学院博士課程の入学検定料、入学料および大学院入学後計3年間の授業料相当分、所属教室には6年次の履修に係る経費の助成を目的とした支援金)が給付されます。

研究者養成プログラム

コース修了者からのメッセージ

大志を抱いて

北海道大学大学院医学研究院
分子生物学教室特任助教

半田  はるか さん

私は、平成31年3月に北大医学院MD-PhDコースを修了し、同年4月より分子生物学教室(佐邊壽孝教授)の特任助教として、研究や医学教育に従事しています。

私は、医学部進学時より基礎研究に興味があったため、特別の迷いもなくMD-PhDコースへと進学しました。しかし、大勢が初期臨床研修を経て臨床医として働いていることを踏まえると、稀有な進路であることは間違いありません。医学部では疾患や治療法などを教わりますが、なぜそうなるのかという根本的な問題については、講義時間数の限界もあり、深く教わりません。そのため、MD-PhD課程に進学することは「自分自身で知りたい、深く学びたい」という欲求を充たす1つの方法とも言えます。

現在は、癌の治療抵抗性や転移能の獲得をなさしめる分子機構を解明するべく「生命体としての本質とは何か」ということを意識しながら、他の教室とも連携し、研究を遂行しています。北大医学院には素晴らしい先生方がたくさんおられます。皆さんもぜひ、この道に進んでみてはいかがでしょうか。

(令和2年4月現在)

半田 悠さん 半田 悠さん