北海道大学 医学部医学科|大学院医学院|大学院医理工学院|大学院医学研究院
メニューを開く
閉じる
閉じる
閉じる
閉じる
閉じる
閉じる

社会医学コース


地域社会や国際的なレベルの健康・安全の維持・向上に幅広い知識と高い技能をもって取り組むことのできる人材を育成することを目的とするコースです

  1. HOME
  2. 医学院
  3. 博士課程の紹介
  4. 社会医学コース

社会医学コース

地域社会や国際的なレベルの健康・安全の維持・向上に幅広い知識と高い技能をもって取り組むことのできる人材を育成することを目的とする社会医学コースは、生物学、生命科学的アプローチとは異なる社会医学的、予防医学的視点から、研究倫理、統計学の基礎と応用、医療情報学、EBM(エビデンスに基づく医療)などの社会医学研究法を修得した上で、公衆衛生学や予防医学分野における研究手法や研究遂行能力を培います。

コース在籍者からのメッセージ

新しい薬の開発

医学専攻博士課程
社会医学コース レギュラトリーサイエンス教室(令和元年度入学)

横式 沙紀さん

私は北海道大学病院で、薬の開発に関して研究者を支援する仕事を行っています。希少疾患の薬の開発では臨床試験での評価が難しいことが多く、申請を見据えた開発戦略を研究者と一緒に検討していくことがとても重要です。新しい薬が承認されるまでどのように開発が進められているかを詳しく知りたいと思ったのが、博士課程への進学を決めたきっかけです。

今は、これまで承認された薬はどのような試験が実施され、どのような点が工夫されてきたのかを調べています。薬が承認されることの難しさを実感していますが、それ以上に日々の仕事で活かせることがとても多くあります。研究の成果を活かして、私が関わった薬が1日でも早く患者さんのもとに届けられればと思っています。

(令和2年4月現在)

横式 沙紀さん 横式 沙紀さん