サイトマップ    電話お問い合わせ  
    
The Hokkaido Medical Society
北   海   道   医   学   会
 

         
    概要

 北海道医学会は北海道における医学の進展を図るため、大正12年に発足した
学術団体です。北海道大学、札幌医科大学、旭川医科大学の医師、医学研究者及
び本会の目的に賛同される方々には一般会員として、道内の主要医療機関には特
別会員として、本会に功績のあった方々には名誉会員としてご参加いただいてお
ります。
 機関誌「北海道医学雑誌」の発行、学術集会「市民公開シンポジウム」の開催、
若手研究者への「研究奨励賞」の授与などの学術活動を行っています。

○会員数(平成29年4月30日現在)
    一般会員 703名(学生会員8名を含む)
    名誉会員 134名
    特別会員 76機関(法人)

○北海道医学会の沿革
 明治45年6月16日第1回北海道有志医師大会(札幌)において、北海道医学会の設立が提案された。
 大正2年8月第2回北海道有志医師大会(旭川)において、北海道医学会の設立が議決された。
 大正7年8月第1回北海道医学会が北海道医師大会と分離独立して釧路において開催された。
 大正8年4月1日北海道帝国大学に医学部が設置された。
 大正12年1月25日北海道帝国大学医学部で開催された第1回札幌医学会評議員会において、「札幌医学会」(大正12年1月15日設立)と上述の「北海道医学会」を併合し、新たに「北海道医学会」を設立することが決議された。この日をもって、本会の公式の設立日としている。
 大正12年6月15日北海道帝国大学中央講堂において、第1回北海道医学会大会が開催された。
 大正12年8月20日機関誌「北海道医学雑誌」が発刊された。
 昭和25年4月1日札幌医科大学が北海道医学会に参画した。
 昭和41年9月25日第1回北海道医学会シンポジウムが開催された。
 昭和42年9月23日第47回北海道医学会大会・評議員会において、北海道医学会大会を、北海道大学、札幌医科大学、北海道医師会の三者による「北海道医学大会」として開催することが議決された。
 昭和43年9月28日北海道医学会大会を引き継ぎ、初回の北海道医学大会が第48回大会として開催された。
 昭和48年9月29日旭川医科大学が北海道医学会に参画した。
 昭和58年2月5日第1回北海道医学会賞を授与した。
 平成6年2月4日北海道医学会シンポジウムを市民公開シンポジウムに変更して一般公開した。
 平成27年3月6日北海道医学会賞を北海道医学会研究奨励賞に改称した。



© 2017 Hokkaido Medical Society