サイトマップ    電話お問い合わせ  
    
The Hokkaido Medical Society
北   海   道   医   学   会
 

         
    会長挨拶

               ご挨拶

写真
北海道医学会会長
吉岡充弘
 北海道医学会会員の皆様には平素よりご支援を賜
りありがとうございます。

 本会は北海道帝国大学に医学部が設置されて4年
を経た大正12年に創立されました。医学部の設置を
機に、医学部が主宰する学会を設立する機運が高ま
り、誕生に至ったものです。本会の第1回大会(北
海道医学会大会)は、北海道帝国大学医学部の初代
学部長であった秦勉造教授を会長として大正12年6
月15日に開催されています。医学会誕生後、しばら
くは総会と例会が開催されておりましたが、医学の
専門分化が進むにつれ、総会と分科会が開催される
ようになり、開催の形態が変化していきました。そ
の後、札幌医科大学が創立されたことを受けて、昭
和43年に北海道医学会大会は北海道大学医学部、札
幌医科大学、北海道医師会が共催する北海道医学大会として継承されることにな
りました。昭和50年には、これに旭川医科大学が加わり、かつての北海道医学会
大会は、今日、道内三医育大学と北海道医師会が共催する北海道医学大会として
発展を遂げています。

 現在、本会は会則第1章第2条にありますように、「医学の進歩に寄与し、併せ
て会員の親睦を図る」ことを目的に掲げ、北海道大学、札幌医科大学、旭川医科
大学、道内医療機関などに勤務する医師、研究者約700名と道内の主要な医療機
関76施設が会員となって活動しています。主な事業は、本会の機関誌である『北
海道医学雑誌』の発行(年2回)、市民公開シンポジウムの開催(年1回)、若
手研究者への研究奨励賞の授与の三つです。『北海道医学雑誌』は大正12年8月
に第1巻第1号が発行されて以来、第二次世界大戦中の困難な時期に一時休刊を余
儀なくされたことを除き、今日に至るまで途切れることなく発行されてきており
ます。平成29年1月からは、過去10年間のバックナンバーを含めてウェブ上でも
閲覧可能となりました。90年を超える伝統を持った本誌の発行は、本会にとって
最も重要な事業ですので、皆様には積極的な投稿を通じてご支援くださいますよ
うお願い申し上げます。

 本会は、今後とも北海道に根差した学会であることを活かして、本道の医学界
に独自の貢献をしてまいります。会員の皆様におかれましては、本会の活動にさ
らなるご理解とご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。



© 2017 Hokkaido Medical Society