施設紹介



施設概要

1. 飼育可能な動物種

 ・マウス、ラット、ハムスター、スナネズミ、モルモット、ウサギ、イヌ、サル、ブタ、 ヒツジ、マーモセット


2. 飼育・実験室
 ・小動物 SPF 飼育実験エリア:小動物飼育室、小動物処置室
 ・小動物飼育実験エリア :小動物飼育室、小動物処置室
 ・中動物飼育実験エリア :ウサギ・モルモット飼育室
 ・大動物飼育実験エリア :イヌ飼育室、ブタ・ヒツジ飼育室
 ・サル飼育実験エリア :サル飼育室、サル手術室、サル行動解析室、モニター室
 ・感染実験エリア :P2 感染実験室、P3 感染実験室
 ・画像解析エリア :X 線照射室、イメージング室、小動物飼育室
 ・大動物手術実験エリア :手術室
 ・手術実験エリア :手術室
 ・解析実験エリア :行動解析室、生体試料解析室


3. 解析装置
 ・X 線照射装置
 ・in vivo イメージング装置
 ・二光子顕微鏡


4. 技術提供
 ・基本技術研修
 ・系統保存
 ・系統維持
 ・個体作出
 ・微生物クリーニング
 ・微生物検査

利用資格

本施設を利用するためには、以下の条件を満たす必要があります。

1. 以下の部局に所属する教員が動物実験責任者*となる動物実験計画のみを認めます。

 以下の部局以外の所属の場合は 特に施設長が認めた場合許可します。

 ・医学研究院
 ・大学病院
 ・アイソトープ総合センター
 ・遺伝子病制御研究所
 ・脳科学研究教育センター
 ・環境健康科学研究教育センター
 ・保健科学研究院

2.「動物実験計画書」が承認されていることが必須です。


3. 遺伝子組換え動物の使用においては、「第二種使用等拡散防止措置承認申請書」が承認されていることが必須です。

4. BSL2 以上の微生物・毒素の使用においては、「病原体等使用実験計画(変更)申請書」が承認されていることが必 須です。

5. 動物実験実施者**は「北海道大学動物実験実施者等教育訓練」を受講済みであることが 必要です。

 (未受講の方は、利用申請時に「誓約書」を提出して頂きます。)

 なお、動物 実験責任者は動物実験計画 書申請時に受講済みであることが必須です。

6. 感染実験エリアを使用する方は、「国立大学法人北海道大学病原体等安全管理規程」に定められた要件を満たすことが必須です。


7. 本施設を使用する動物実験責任者と動物実験実施者は、本施設以外の他の動物施設や所属分野の飼養保管施設を使用することはできません。

 * 動物実験責任者:本学動物実験に関する規程第 3 条(11)に示す「同一の研究課題名 で動物実験等を実施する者のうち,当該動物実験等

           実施に関する業務を統括する者」をいう。

  **動物実験実施者:本学動物実験に関する規程第 3 条(10)に示す「動物実験等を実施する者」をいう。

 

歴代施設長

初代 高桑 栄松 自.昭和47年5月
第2代 相沢 幹 自.昭和47年11月
第3代 広重 力 自.昭和58年8月
第4代 加藤 正道 自.昭和62年8月
第5代 有川 二郎 自.平成7年8月
第6代 吉木 敬 自.平成13年8月
第7代 有川 二郎 自.平成15年8月
第8代 三輪 聡一 自.平成19年8月
第9代 安田 和則(併任) 自.平成21年8月
第10代 三輪 聡一 自.平成21年9月
第11代 畠山 鎮次 自.平成23年9月
第12代 有川 二郎 自.平成25年9月
第13代 渡邉 雅彦 自.平成29年4月

スタッフ

施設長 渡邉 雅彦 教授(兼)
施設長補佐 有川 二郎 教授(兼)
専任教員 土佐 紀子 助教
  鷲尾 浩平 助教
技術職員 越山 隆恵 技術専門職員(兼)
  菅 尚登 技術専門職員(兼)
  小野 麻衣子 技術職員(兼)
  水溜 悠 技術職員(兼)
  大瀧 越騎 技術職員(兼)
研究支援推進員 二宮 貴子  
事務補助員 新川 伸子  

沿革

昭和46年04月 医学部中央動物実験部稼働
昭和47年05月 附属動物実験施設が文部省より認可、動物実験施設と改称
昭和47年05月 動物実験施設運営委員会設置
昭和47年09月 第一回動物供養祭
昭和48年04月 動物実験施設新築工事開始
昭和49年03月 新築落成(施設面積4966㎡)
昭和49年07月 新築落成式。施設公開披露および祝賀会開催
昭和50年03月 北研究棟と施設間の連絡廊下73㎡が増設(施設面積5039㎡)
昭和54年04月 イヌ飼育機の設置開始(57年度完了)
昭和56年06月 第7回国立大学動物実験施設協議会を北大にて開催
昭和58年08月 施設10周年記念誌発行
昭和63年03月 空気調和設備の大規模改修
昭和63年03月 感染特殊実験飼育設備の大規模改修
平成02年06月 施設出入管理システム稼働
平成04年06月 施設設立20周年記念行事開催
平成06年03月 新規焼却炉稼働
平成06年06月 5階バリア飼育室稼働
平成07年05月 動物実験施設運営委員会、運営小委員会の設置
平成07年09月 感染実験室、大中動物飼育室(イヌ・ウサギ)整備
平成08年01月 ヒツジ飼育室整備
平成08年02月 補正予算でラット飼育機、飼育室の補修工事
平成08年05月 他学部の死亡動物焼却受諾
平成09年01月 空調機緊急遮断装置設置
平成09年04月 動物飼育管理業務の一部を外部委託によって実施
平成11年09月 国立大学実験動物関係教職員高度技術研修を北大にて開催
平成11年11月 飼育系空調機の更新
平成12年03月 4階セミバリア飼育室稼働
平成12年12月 焼却炉のダイオキシン濃度測定実施
平成13年04月 医学研究科附属動物実験施設に改称
平成14年04月 胚凍結業務開始
平成14年04月 外部研究機関からの搬入動物の隔離および微生物検査の実施
平成14年10月 施設設立30周年記念行事開催
平成15年04月 材料摘出および交配作業の支援業務の開始
平成16年04月 医歯学総合研究棟実験生物部門稼働
平成16年08月 マウスリソース部門稼働
平成16年11月 3階セミバリア飼育室稼働
平成17年10月 出入管理システムの更新
平成20年04月 5階全面・2階一部改修工事開始(5階オープンラボ方式)
平成20年04月 マウスリソース部門を実験生物部門8階へ移動
平成25年08月 焼却炉の廃炉
平成25年09月 附属動物実験施設改修工事開始
平成26年05月 附属動物実験施設改修工事完了
平成26年07月 附属動物実験施設完成披露式
平成27年03月 マウスリソース部門を附属動物実験施設4階へ移動
平成29年04月 医学研究院附属動物実験施設に改称