『エルムトンネルと遠友学舎』
撮影:高橋敦(42期)
ハイマツ雄花
北大構内地下を東西に横断する環状通エルムトンネルが7月19日に開通した。同トンネルは北18条道路整備の一環で平成9年に工事が開始されたもので、トンネル部は730mあり、地下部は遊歩道となっている。また、工事に伴い移転した馬術部馬場跡に遠友学舎が竣工した。北大創基125周年記念事業として建設され、20〜60人規模のラウンジが5室あり、同期会などに利用できる。

<<<戻る