• Home
  • 産学連携・研究

連携研究センター「フラテ」

北海道大学大学院医学研究科連携研究センター「フラテ」

連携研究センター「フラテ」-産学連携研究活動の拠点-

生命科学基盤研究の成果を臨床研究へ発展させるための研究を行い、医学・医療及び健康維持に貢献することを目的に設置されました。

本センターは、「AMED(日本医療研究開発機構)研究事業」及び「量子医理工学グローバルステーション(GI-CoRE)」の大型研究プロジェクトに対して研究支援を行っています。

多分野にわたる研究チームが協力して研究を推進することにより、医学・生命科学と理工学の融合領域において世界をリードする多くの成果が得られています。平成27年度をもって所定の目的を達成した「医学物理学部門」「人獣共通感染症診断・治療部門」が廃止され、現在は6部門で活動しています。

組織

(平成28年7月現在)

分子・細胞イメージング部門部門長 玉木 長良

分子・細胞レベルでの遺伝子発現、蛋白発現での経時的発現、神経伝達・受容体機能などを時間、空間的に映像化し、その応用を目指す最先端の研究部門です。

  • 核医学分野
  • 応用分子画像科学分野*
  • 機能画像科学分野
再生医学・組織工学部門部門長 岩崎 倫政

合理的な関節機能再生・再建医療を実現するための新しい総合治療戦略の実現に取り組んでいる研究部門です。

  • 整形外科学分野
  • スポーツ医学分野
  • 腫瘍病理学分野
  • 高分子材料科学・再生医学分野
脳科学部門部門長 渡邉 雅彦

脳科学に関する最先端の研究を行っている部門です。

  • 解剖発生学分野
  • 神経薬理学分野
  • 脳科学研究教育センター
光バイオイメージング部門部門長 佐邊 壽孝

光イメージング技術を駆使することで、従来明確な理解が困難であった癌細胞放射線抵抗性に関わる根本的分子機序を解明する研究を行っている部門です。

  • 分子生物学分野
  • 放射線医学分野
  • 分子・細胞動態計測分野
レギュラトリーサイエンス部門部門長 笠原 正典

レギュラトリーサイエンスをアカデミアに根付かせ、大学発のシーズを臨床応用につなげる医療イノベーションを推進するための研究を行っている部門です。

  • 医学統計学分野
  • 先進医療マネジメント学分野*
  • 評価科学分野
陽子線治療研究部門部門長 白土 博樹

海外の大学と連携しながら陽子線治療に関係する最先端の研究を行っている部門です。

  • 放射線治療医学分野
  • 陽子線治療医学分野
  • 病院陽子線治療センター
  • 工学研究院量子理工学部門応用量子ビーム工学分野
  • 病院分子追跡放射線医療寄附研究部門
  • 〔基盤分野〕医学研究科の基幹講座(附属教育研究施設を含む)の中から選考した、連携分野と密接な関係を持つ分野
    *協力分野:医学研究科以外の組織で医学研究科の大学院生の正規の指導員となっている教員が所属する分野)
  • 〔連携分野〕外部資金を持ち、基盤分野と連携してプロジェクト研究を行う分野
  • 〔協  力〕医学研究科以外の部局等から基盤分野と連携分野が連携して行うプロジェクト研究に協力する組織

Page Top