浜田俊幸特任准教授の Nature Communications 掲載論文が同誌の「おすすめのコンテンツ」に選ばれる

Springer Nature(旧Nature Publishing Group)東京オフィスにより、浜田俊幸特任准教授(放射線医学分野)の以下の論文が Nature Communications 2016年6月の「おすすめのコンテンツ」に選ばれました。

・Nature Communications 「おすすめのコンテンツ」
自由行動マウスの複数組織における時計遺伝子発現のin vivo追跡定量化

・掲載論文
In vivo imaging of clock gene expression in multiple tissues of freely moving mice.
2016年6月10日 Nature Communications 7 : 11705
doi: 10.1038/ncomms11705 (2016)

Page Top