北海道大学 医学部医学科|大学院医学院|大学院医理工学院|大学院医学研究院
メニューを開く
閉じる
閉じる
閉じる
閉じる
閉じる
閉じる

国際交流

  1. HOME
  2. 医学院
  3. 国際交流

国際交流協定校

北海道大学大学院医学院は研究者の交流や共同研究を通じて国際化を図っています。現在、国際交流協定を結んでいる大学・機関は14カ国・地域19協定あります。世界への知的貢献と影響力を維持するために、留学生の交換を積極的に行っています。(平成28年7月現在)

国際交流
香港大学李嘉西醫学院(中華人民共和国)

香港大学李嘉誠醫学院(中華人民共和国)

香港大学李嘉西醫学院(中華人民共和国)
マヒドーン大学(タイ王国)

マヒドーン大学(タイ王国)

マヒドーン大学(タイ王国)

国際連携室による留学生サポート

大学院医学研究院・大学院医学院・医学部 国際連携室

医学院には博士課程と修士課程とを合わせて、11か国33名(平成29年4月現在)の留学生が在籍しています。留学生が安心して学べる環境を整えるために、国際連携室には常勤スタッフと留学生サポートスタッフがいて、留学生を学術・生活の両面からサポートしています。

国際連携室スタッフ

国際連携室スタッフ

国際連携室スタッフ:
右から、
堀川まり事務補佐員[国際部国際連携研究教育局量子医理工学グローバルステーション]、畠山鎮次教授[国際連携室(室長)]、村上学助教[国際連携室(室員)]、田中由加利事務補助員[国際連携室(室員)]
国際連携室2

ナンヤン理工大学(シンガポール)との
部局間交流協定締結

私たちのミッションのひとつに、大学院医学院の国際的なプレゼンスを高めることがあります。海外の大学および研究機関とのパートナーシップを発展させて、最先端の技術と知識を提供し合い、時代のニーズにあった質の高い教育の提供を目指しています。

国際連携室3

留学生との交流

優れた人材を育成し世界に向けて輩出するための取り組みにも力を入れています。将来、医療現場や研究で役に立つ実践的な知識、また、国際社会で通用するマナーとコミュニケーション能力を備えた人材育成を目指して、様々なセミナー・イベントを企画しています。

国際連携室だより

留学生との交流を目的としたニュースレター「 国際連携室だより」を発行しています。
詳細は 国際連携室のホームページ をご覧ください

修士課程在籍 留学生からのメッセージ

日本での生活を楽しんでいます!

医科学専攻修士課程
医科学コース 小児科学分野(平成27年度入学)

エジプト・アラブ共和国出身

Shimaa(シェイマー) Said(セイド) Abdrabou(アブドラブ)さん

私は以前から日本の医療に興味がありましたので、博士課程大学院生の夫とともに日本で数年間学ぶ機会が得られてよかったと思っています。小児科医である私は小児科免疫班において、種々の原発性免疫不全症の病態解析をテーマに研究しています。同じ研究室の医師たちは皆勤勉で、いつも私をサポートしてくれています。

私には夢がふたつありました。そのひとつは日本やドイツ、米国を訪れること、もうひとつは雪の多い国へ行くことです。北海道に住むことで、どちらの夢もかなえることができました。北海道の気候は、一年を通してすばらしいと思います。

日本は、幾度かの大災害を経てもなお、高度に進んだ社会を維持しています。私は日本へ来て、日本の人びとが人種や国籍に関係なく他人を尊重していることを知りました。皆が時間をきちんと守り、とても勤勉です。このことだけを見ても、発展してしかるべき国だと思います。

札幌は交通の便もよく、ムスリムの私にとって安全に往来でき、ハラルフードも入手できます。母であり学生でもあることは少し大変ですが、私は日本での生活を心から楽しんでいます。

(平成28年4月現在)

Shimaa Said Abdrabouさん Shimaa Said Abdrabouさん

博士課程在籍 留学生からのメッセージ

研究を楽しむことができる場所

医学専攻博士課程
臨床医学コース 産科・生殖医学教室(平成26年度入学)

中華人民共和国出身

(サイ) 天玥(テンゲツ)さん

私は、産科・生殖医学分野で妊娠高血圧腎症(Preeclampsia:PE)を起こすメカニズムについての研究を行っています。PEは妊婦の約5%に発症し、母児の生命に関わる重大な周産期疾患です。具体的には、妊娠各期における正常妊婦の尿中に出現するpodocyte(糸球体上皮細胞、血液濾過の最終バリアーとして働く)をpodocyte関連遺伝子の発現を指標として定量し、尿中podocyteの出現とその後のPE発症との関連、尿タンパクとの関連について検討を行っています。

研究はいつも順調に進むとは限りません。逆境に陥ったとき、困難にめげず努力を続けることは重要です。陸遊の漢詩「遊山西村」の一節「山重水複路無きかと疑う、柳暗花明又一村(山が重なり川が入り組んで、もう行き止まりかと思っていると、柳がこんもり茂り花がパッと咲いた所に、また一つの村があった)」の心境でがんばりたいと思います。

北海道大学は研究を楽しむことができるすばらしい大学です。

(平成28年4月現在)

翟 テンゲツさん 翟 テンゲツさん