北海道大学 医学部医学科|大学院医学院|大学院医理工学院|大学院医学研究院
メニューを開く
閉じる
閉じる
閉じる
閉じる
閉じる
閉じる

医学院長 挨拶

  1. HOME
  2. 医学院
  3. 医学院長 挨拶

吉岡 充弘 平成29年度、北海道大学大学院医学研究科は、変化の著しい社会のニーズに応える人材を機動的に輩出するため、これまで教育組織と研究組織が一体であった「研究科」を大学院生が所属する「学院」と教員が所属する「研究院」に分離し、異分野を有機的に融合したグローバルな大学院教育の展開を可能にしました。すなわち、学院での教育は複数の研究院及び附置研究所等の教員が担当できるようになり、研究領域に縛られることなく教育資源の再配分を可能にしました。この新システムの導入により、社会が要請する新たな教育を実施する場合、教員組織再編を伴わずに迅速に教育組織を設置することが可能になりました。

 医学院の理念として、「世界をリードする先進的医学研究の推進、高い倫理観と豊かな人間性を有する医学研究者・医療人の育成による人類の健康と福祉への貢献」を掲げ、医学・生命科学・社会医学(公衆衛生学)に関する高い倫理観及び高度な専門的知識と研究及び教育・実践能力を備えた人材の養成を教育目標としています。

 博士課程は、1専攻、3コース制をとっており、専門分野の枠を超えた教育に重点を置くとともに、コースごとに高い専門性が担保されるようにカリキュラムを工夫しています。具体的には、医学研究者・研究医を育成する「基盤医学コース」、社会医学及び公衆衛生行政の分野で活躍する人材を育成する「社会医学コース」、高度な臨床研究を遂行する人材を育成する「臨床医学コース」の3つがあります。

 本学院では、特に減少が懸念されている基礎医学研究者・教育者を育成するため、2009年度より医学科出身者を対象として「MD-PhDコース」を導入いたしました。このコースでは、医学部6年生から大学院授業科目を履修することができ、条件を満たせば大学院を3年間で短縮修了することができます。また、2013年度からは新たに「CLARCプログラム」を開始いたしました。臨床研修2年目に大学院に進学し、臨床研修と同時に大学院での学修をスタートさせるプログラムです。

 修士課程については、他の多くの大学に先駆けて平成14年に修士課程(医科学)を設置いたしました。本課程は、医学以外の学問体系を学んできた方々に最新の医科学や社会医学を教授することにより、異分野の知の融合を促進し、独創性と複合的な視点を兼ね備えた研究者や高度専門職業人を養成することを目的としています。平成29年度から、新たに「公衆衛生学コース」を設置し、公衆衛生修士号を取得できる教育システムを導入いたしました。さらに、高齢化・過疎化など北海道独自の地域の諸課題に対応できる人材を迅速に社会へ送り出すため、医師、歯科医師、薬剤師などの医療職に従事し、実務経験を有した方々に対して1年で修了できる1年コースも設定いたしました。

 最先端の医学研究を学ぶ皆さんには、優れた科学者のひとりとして、崇高な倫理観のもとに新たな知の創造や社会の諸課題に主体的に取り組み、社会の期待にこたえていくことが求められています。北海道大学大学院医学院は皆さんの期待に十分応える能力をもっています。未来の医学・医療を支える学生諸君の入学を歓迎します。

平成29年4月3日

北海道大学大学院医学院長
吉岡 充弘