北海道大学 医学部医学科|大学院医学院|大学院医理工学院|大学院医学研究院
メニューを開く
閉じる
閉じる
閉じる
閉じる
閉じる
閉じる

社会医学コース


地域社会や国際的なレベルの健康・安全の維持・向上に幅広い知識と高い技能をもって取り組むことのできる人材を育成することを目的とするコースです

  1. HOME
  2. 医学院
  3. 博士課程の紹介
  4. 社会医学コース

社会医学コース

地域社会や国際的なレベルの健康・安全の維持・向上に幅広い知識と高い技能をもって取り組むことのできる人材を育成することを目的とする社会医学コースは、生物学、生命科学的アプローチとは異なる社会医学的、予防医学的視点から、研究倫理、統計学の基礎と応用、医療情報学、EBM(エビデンスに基づく医療)などの社会医学研究法を修得した上で、公衆衛生学や予防医学分野における研究手法や研究遂行能力を培います。

コース在籍者からのメッセージ

医学研究の新しい世界

医学専攻博士課程
社会医学コース レギュラトリーサイエンス分野(平成26年度入学)

前田 浩次郎さん

「レギュラトリーサイエンス」、この言葉を聞いたことがある方はあまりいないと思います。今でも一体何を研究しているのか尋ねられることがあります。レギュラトリーサイエンスとは、規制のあり方を考える科学であり、医薬品、医療機器の開発・評価に用いるための科学です。

自分がこの分野に興味を持ったのは医学分野における主に生物実験を行うウェット側とデータベースなどin silicoの実験を行うドライ側の橋渡しをしたい、そう思い立って本大学院への進学を決めました。現在はオーファンドラッグの国内外臨床データパッケージの比較を行っています。レギュラトリーサイエンスは大学・行政・企業など広い分野に渡り、その研究は自分の創意工夫によって様々な形を持ち、あらゆる可能性を秘めた新しい世界です。

荒戸先生を初めとする多くの方々と共に研究する日々は大変充実しています。皆さんと一緒に研究ができることを心待ちにしています。

(平成28年4月現在)

前田 浩次郎さん 前田 浩次郎さん