• Home
  • 大学院医学研究科

博士課程の紹介

博士課程の3コースを紹介します。

コース案内

医学研究科全教員がすべての学生の指導・教育に参画できる体制である単一専攻制(医学専攻のみ)を導入し、社会の多様なニーズに対応した目的別のコース制による融合教育を行っています。

基盤医学コース
医学・生命科学領域の研究者および教育者の育成を目的とするコース

幅広い専門知識と研究に必要な実験のデザインなどの研究手法や研究遂行能力を修得します。さらに学際的な分野への応用能力を含めた専門的知識を活用・応用する能力(専門応用能力)を培います。

臨床医学コース
優れた臨床技術と研究能力を兼ね備えた臨床医等の育成を目的とするコース

従来の基礎医学研究手法を駆使した研究ではなく、患者を対象とした臨床医学研究遂行能力を修得します。「臨床系連携講座」を構築し、併せて専任教員による複数指導体制のもとで理論と実践を融合した教育を展開します。

社会医学コース
地域社会や国際的なレベルの健康・安全へのニーズに応える人材を育成するコース

社会医学的、予防医学的視点から、研究倫理(疫学、人、生命)、統計学の基礎と応用、医療情報EBMなどの社会医学研究法を修得した上で、公衆衛生学や予防医学分野における研究手法や研究遂行能力を修得します。

標準履修期間:4年間

短縮修了:

英文学術雑誌に掲載の英語論文2編以上で、履修年限を最大1年間短縮可能です(他に要件あり)。


長期履修:

社会人の場合、4年分の授業料で最大6年間在学可能です。

中間審査

3年次の最初に中間審査を行い、審査員による進行状況のチェックを受けることになります。

修了要件

  • 学位論文の提出
  • 申請者が第一著者となっている英文の基礎論文を1編以上(投稿中でも良い)の提出
  • 所定の単位の修得

履修モデル

Check!

写真で見る大学院生の一日。
熱血キャンパスライフ(博士課程)

 

Page Top