北海道大学 医学部医学科|大学院医学院|大学院医理工学院|大学院医学研究院
メニューを開く
閉じる
閉じる
閉じる
閉じる
閉じる
閉じる

医学研究院長 挨拶

  1. HOME
  2. 医学研究院
  3. 医学研究院長 挨拶

吉岡 充弘 平成29年度、北海道大学大学院医学研究科は、変化の著しい社会のニーズに応える人材を機動的に輩出するため、これまで教育組織と研究組織が一体であった「研究科」を大学院生が所属する「学院」と教員が所属する「研究院」に分離し、異分野を有機的に融合したグローバルな大学院教育の展開を可能にしました。すなわち、学院での教育は複数の研究院及び附置研究所等の教員が担当できるようになり、研究領域に縛られることなく教育資源の再配分を可能にしました。この新システムの導入により、社会が要請する新たな教育を実施する場合、教員組織再編を伴わずに迅速に教育組織を設置することが可能になりました。

 これからも「医学研究院」に所属する教員は一丸となって、医学院の大学院生を教育いたします。また、一部の教員は新たに設置される医理工学院、及び国際感染症学院に所属する大学院生を指導いたします。この学院化に伴い、医学院の理念として、「世界をリードする先進的医学研究の推進、高い倫理観と豊かな人間性を有する医学研究者・医療人の育成による人類の健康と福祉への貢献」を掲げ、医学・生命科学・社会医学(公衆衛生学)に関する高い倫理観及び高度な専門的知識と研究及び教育・実践能力を備えた人材の養成を教育目標としています。

 大学院教育は研究と表裏一体です。したがって、国際水準の優れた研究活動があってはじめて高いレベルの教育が可能になります。本研究院は、基礎医学の多くの領域において先端的研究が行われており、社会医学の領域においても現代社会が直面する諸問題に医学的見地からアプローチする高いレベルの研究が行われています。また、北海道大学病院と連携し、遺伝子工学を応用した新しい医薬品の創出、物理工学理論や技術を用いた先端的診断治療機器の開発、ヒト化モデルや組織・細胞工学を応用した新しい治療法の開発、さらに網羅的ながん遺伝子診断を用いたprecision medicine(高精度医療)など、世界をリードする臨床医学研究が推進されています。

 大学を取り巻く環境が激変するなか、教育、研究、診療の将来について積極的に議論し、さらなる発展に取り組んでいきたいと考えております。

平成29年4月3日

北海道大学大学院医学研究院長
吉岡 充弘