北海道大学 医学部医学科|大学院医学院|大学院医理工学院|大学院医学研究院
メニューを開く
閉じる
閉じる
閉じる
閉じる
閉じる
閉じる

カリキュラム紹介

  1. HOME
  2. 医理工学院
  3. カリキュラム紹介

世界を標準にした最先端の「医理工学」教育研究

医理工学院は、医学、工学、保健学、生物学、理学関係などの、異分野を融合した学修体制が特徴です。指導教員もこれらの研究領域の専門家が集結し、世界を標準にした最先端の「医理工学」を教育し、未来を担う学生の夢と希望をサポートしていきます。

修士課程学修プラン

医学物理士プログラムについては、「医学物理士とは」をご参照ください。

  • 量子医理工学コース

    量子力学から発展した放射線物理学を基礎とし、これを医学に応用するために必要な学問体系である量子医理工学に精通し、放射線治療・粒子線治療とそれに関連する医療機器に係る専門的知識と技能を有する人材を育成する。

  • 分子医理工学コース

    生体の分子挙動に関する理工学を医学に生かすために必要な学問体系である分子医理工学に精通し、分子画像診断・分子生物学・放射線生物学等に係る専門的知識と技能を有する人材を育成する。


基礎的・専門的知識の修得

  • 医理工学連携総論
  • 医療機器開発特論
  • 医療機器臨床研究特論

 

    • 医理工放射線物理学
    • 粒子線医学物理学
    • 治療医学物理工学
    • 医理工連携画像診断医学
    • 医理工連携機能画像診断学
    • 放射線診断・核医学基礎物理学

 

    • 医理工画像解剖学
    • 医理工学研究概論
    • 医理工実験・研究計画法
    • 医理工統計学
    • 医理工連携放射線防護学
    • 医理工国際標準・法規・リスクアナリシス特論
    • 医理工連携放射線腫瘍学
    • 医理工学研究概論
    • 医理工実験・研究計画法
    • 医理工統計学
    • 分子腫瘍病理学
    • 分子腫瘍治療学

課題解決に向けた
実践的専門能力の養成

  • 総合医理工学研究I
  • 総合医理工学研究II
  • 修士論文課題(例)
    • 動体追跡陽子線治療における腫瘍位置変動が及ぼす放射線照射効率に関する研究
    • 呼吸性移動臓器に対するスポットスキャニング陽子線治療の照射精度改善に向けたシミュレーション法の研究
  • 修士論文課題(例)
    • 腫瘍細胞のRNA解析を介した新たな細胞がん化機構解明

修了後のモデル

社会での活躍
  • 医療機関及び大学病院
  • 粒子線治療施設
  • より高度な知識を有する線量測定士・診療放射線技師
  • 医療関連・一般企業 (開発職・技術職)
進学
  • 大学院博士後期課程

博士後期課程学修プラン(例)

  • 量子医理工学コース

    「量子医理工学」分野で国際的な研究を行い放射線治療・粒子線治療とそれに関連する新たな医療機器や技術の開発において指導可能な知識と技術を有し、国際的リーダーとして推進できる人材を育成する。

  • 分子医理工学コース

    「分子医理工学」の分野で国際的な研究を行い、新たな医療用分子画像装置・分子診断薬・腫瘍溶解ウィルス・放射線増感技術等の開発研究において国際的リーダーとして推進できる人材を育成する。


実務能力の強化

  • 臨床医学物理学実習(品質管理)
  • 臨床医学物理学実習(陽子線、画像誘導)
  • 臨床医学物理学実習(治療計画)

実践的専門能力の更なる発展

  • 先端医理工学研究I
  • 先端医理工学研究II

研究活動

  • 博士論文課題(例)
    • 動体追跡陽子線治療における腫瘍位置変動とスキャニング照射法治療効率に関する研究
    • 呼吸性移動臓器に対するスポットスキャニング陽子線治療の照射精度改善に向けた照射装置開発
  • 博士論文課題(例)
    • 腫瘍細胞のRNA解析を応用した新規の放射線診断薬の開発

修了後のモデル

医療機関・粒子線治療施設

医学物理士

大学病院

治療系医学物理士、診断系医学物理士、教育研究

大学・研究機関等

教員、研究者

医療関連・一般企業

開発職・技術職

取得可能学位
修士(医理工学)、博士(医理工学)
取得可能な資格(受験資格)
医学物理士

世界をリードする
個性豊かな学際的研究領域の大学院が誕生

医理工学院の特徴は、個性豊かな学修プログラムのみならず、世界的な注目を集める学際的研究領域を学ぶことができることにあります。世界トップクラスの研究を推進する環境があり、海外の有名大学院との共同研究等にも参加可能です。また社会人学生が学修しやすいよう、開講時間等にも配慮します。

スタンフォード大学等との連携
将来的にアメリカの「医学物理士(Medical Physicist)」などと国際的互換性のある医学物理士を養成するため英語による大学院教育を目指しています。
社会人学生への支援体制
社会人学生に配慮、仕事と研究活動の両立を支援するカリキュラム構成です。

総合大学の強みを生かした
大学院修了後のキャリアプラン、サポート体制

医理工学院では、学生の可能性をみつめ、総合大学の強みを生かした大学院修了後のキャリアプランに対応するサポート体制を整えています。

大学院修了後の進路見込み
高精度放射線治療を実施している国内の病院からの派遣要請が多い医学物理士。
医学と理工学を学修した研究者を求める声が大きくなっています。